東洋医学について

西洋医学と東洋医学。

この違いはどのようなものなのでしょうか?

ここでは、東洋医学について詳しく紹介しようとおもいます。

東洋医学とは?

東洋医学とは、主に中国やインド(アーユルヴェーダ)・イスラム(ユナニ医学)で生まれアジア全域に広がったものの総称です。

その歴史は古く、アーユルヴェーダなどは5000年以上の伝統をもつ最古の伝統医学としても有名ですね。

日本国内では、薬の処方は薬剤師がおこなうことになっているので、薬をだすことはできません。が、本来の東洋医学は、薬の処方までを一貫しておこなうものです。

日本では東洋医学として、

  • あんま摩

などが、民間療法として親しまれていますね。

最近では、海外でも東洋医学についての注目が集まっており、「Oriental medicine」と呼ばれ盛んに研究がおこなわれております。

東洋医学の歴史

日本国内の東洋医学の考え方は、6~7世紀ごろに遣唐使との交流によって伝わったと言われております。

これにより、日本では特に漢方の分野(漢方医学)で著しい発達を遂げました。

江戸時代になると、蘭学と呼ばれる西洋医学も現れるようになり、漢方医学も日本人の文化や体質により合うように進化しています。

明治時代になると、政府が西洋医学のみを正規の医学として認める政策をはじめたため、東洋医学は衰退期にはいります。

戦後は保険医療制度が敷かれることとなり、正規の医学として認められていない東洋医学はさらに衰退してしまいます。

しかし、近年西洋医学の対処療法的な考え方や、薬による強い副作用によって、東洋医学の自然治癒力を高めるという特性が見直されはじめております。

東洋医学の考え方

では、東洋医学の基本的な考え方とはどのようなものなのでしょうか?

西洋医学では病気が発症した部分に対処する、対処療法がとられています。それに対し、東洋医学はからだ全体の不調を整え病気の発症を抑えることに主眼が置かれています。

瞑想や食事によって、心と体を健やかに保つ。自然と科学が融合したものが、東洋医学の基本思想です。最近では、技術が進んだこともあり東洋医学の効能が科学的にも実証できるようになっております。

これからの時代は、西洋医学と東洋医学の良い点・悪い点を見極め、症状にあった治療方法を選択するという必要があるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする